惟然市

(いねんいち)


 関商工会議所一帯は、江戸初期より酒造業で栄えた岩本屋広瀬九兵衛の屋敷跡です。
 広瀬惟然は 、九兵衛の三男(源之丞)としてこの地に生を受け、俳聖松尾芭蕉の十哲の一人として諸国を行脚しました。
 当所会館の北側には、広瀬惟然の産湯に用いられたと言われる井戸も残っており、この度中心市街地の活性化と、惟然を偲び「惟然市」として朝市を開催する運びとなりました 。

惟然産湯の井戸⇒)

 「惟然市」は、原則として
毎月第2・4土曜日の定期的開催
を致しておりますので、ご来場をお待ちしております。
 

開 催 概 要

【開 催 日】 原則として、毎月第2・4土曜日

 

   

【開催時間】

午前9時〜午前11時(2時間)
   
【開催場所】 本町ひろば
  (関商工会議所会館前、関市本町1−4)
   
【販売品目】 野菜、果物、花、菓子、豆腐類など。
  ※販売品目が、当日変更される場合もあります。
   
【そ の 他】 現在、出店者を募集しています。
  出店希望の方は事務局まで、お問い合わせ下さい。
   
【主  催】 関商工会議所、有言実行プロジェクト、
  地域づくり事業委員会  
 

お問い合せ先

関商工会議所
関市本町1丁目4番地
TEL:0575-22-2266
FAX:0575-24-6102